これでOK!AGAなんでも情報局

これでOK!AGAなんでも情報局

髪が徐々に薄くなっていくのが特徴

「男性型脱毛症」のことをAGAといい、「Androgenetic Alopecia」を略した言葉となります。
よく成人男性に発生するもので、額の生え際や頭頂部に生えている髪が思春期を過ぎてから徐々に薄くなっていくのが特徴です。
額の生え際か頭頂部のいずれかが薄くなるケースがあれば、ほぼ同時進行で両方共薄くなっていくケースもあります。
AGAの男性は、約1,260万人日本国内だけでもいると言われており、実際に気にして悩んでいる人はそのうち800万人、何らかのケアを行なったことのある人に至っては650人程度です。
AGAに対する意識の低さに今これを読んで驚かれている方も多いのではないでしょうか?抜け毛や薄毛は確かに、人に相談しにくいデリケートな問題 ですし、「男なら、仕方ない」「遺伝だから諦めよう」と、特に日本人は自分自身の中で割り切って放置してしまう傾向にあるようです。
その結果、年月が専門的なケアを受けないまま経っていき「どうにか本格的にしなければ」と思い立った頃には手の施しようが既になくなっていた……ということも少なくありませんでした。
また状態を深刻化させてしまう要素の1つが「抜け毛や薄毛は治るものではない」といった誤った見解です。

 

今1つ皆さんに知っておいて頂きたいのが「AGAは、進行性である」という事実です。
「ただの抜け毛」「たかが、薄毛」と甘く見ることなく、正しいケアを早期の段階で受けることで、とにかくそれ以上の進展を防ぎ、回復効果を高めることが出来ます。
AGAの治療を取り扱う医療機関が最近、増えてきたのをテレビなどで見てご存知の方も多いのではないでしょうか?皮膚科で、主に「プロペシア」という薬とカウンセリングを併用しながら多くの場合は治療が行なわれます。
まだ「病気」という扱いではないため日本においてAGAは、保険はきかず自費診療となりますが、ぜひ1度治療を受けてみたい方は最寄りの医療機関で相談されることをおすすめいたします。

 

 

周囲の友人から「薄くなったね」と私がAGAの治療を受けようと思ったのは言われたからです。
是非とも増毛を考えているなら治療で改善をしてみてはいかがですか?

 
 

ホーム サイトマップ